日記帳からの埋め草

 

            茨専5期機械  中田 益男

 

 日工専同窓会、シニア支部会員の皆さん、お久しぶりです。昨年の6月の支部総会で、幹事を退任しました中田です。
早くも
10ヶ月になろうとしています。

 さて、ホームページ担当の山出さんから依頼されまして、ペンをとりました。


   サイパンマラソン2009完走! 

 「やあ、まだ半分だ。あと21キロ走るのか」私は独り言を言った。

 「この分では、ゴールする頃は、気温が30度になるかも。そうしたら暑さに負けてリタイアだ」そんなことを考えながら、とことこと走っている。
自分の前後には、
30メートル間隔で、2〜3人しかおらず、ちょっと寂しい。

しかしである。
中間点での給水とバナナを食べながら思い直した。

 「自分は、何のために走っているのか?」
   「もっと気楽に、気持ちよく走ろう」と切り換えた。

 後半の2キロ毎にある給水所では、必ず水を飲み、フルーツを食べて、元気を少しずつ取り戻すことができた。

また、サイパンの街並み、沖を航行する船を見たり、ボランティアの人たちと記念写真など、楽しむ余裕の気持ちになる。そして、予定より少し遅れて?ゴールすることができた。

スタートは辺りの暗い午前
5時、テープを切ったときは、11時を過ぎていた。

 サイパンマラソンに参加したのは、訳がある。20072008年と2年連続で
東京マラソンに参加できた。
しかし、
2009年は抽選で外れてしまった。
そこで、仲間の誘いもあり、昨年の
11月に参加申込みを行なった。

 《サイパンマラソンのメモ》

日程 115日〜19日の45

マラソン大会 117日(土)

スタート 午前5時 原則として制限時間なし。

旅行会社のツアー参加で、前後の観光あり。

大会本部主催の前夜祭、完走ランチ交流会に参加。

 

あの太平洋戦争の傷あと、また、多くの日本軍人や家族の亡くなった『バンザイ崖』などを巡り、それは心痛む光景であった。と同時に、現在の平和な日本は、

有難いとも思った。ツアー仲間との完走懇親会は、お互いにマラソン経験を語り合い、心身ともにリフレッシュできた5日間であった。

 

 

 

 

 

   ホールインワン達成!

 

私のふるさとは、信州の佐久です。

 昨年の114日に小学校の同級生たちと懇親ゴルフを実施、そこで、初めての『ホールインワン』を達成した。場所は、集まり易いふるさと佐久である。

 私のゴルフ経験は約30年であり、ゴルフコースでのプレーは、400回くらいかと思う。従って、ショートホール1,500回を経験する中での達成、世の中の確率から計算して、これが早いか遅いか如何なものか?

 コンペの反省会では、仲間に激励されたり、冷やかされたり大変であった。やはり保険に入っていれば良かったかな、と後悔もした。

 

  《ホールインワン達成メモ》

・日時 平成20114日(火)午後130分頃

・場所 佐久市望月 サニーカントリークラブ

・コース 八ヶ岳bSショートホール(平坦)

距離 164ヤード(ややフォローの風)

使用クラブ ♯6アイアン 使用球 PINACLE3

 

 

 

 

 

 

   百話の本つくり

 

 日立製作所は、来年2010年に創業100周年である。我が日工専同窓会も、50周年になり同窓会本部が中心になって、記念行事の計画に取り組んでいる。

 ここで紹介するのは、日立を退職した人たちの全くの自主グループが、日立100周年の記念すべき年に、会社の組織や生産などと直接関係しない、エピソードを本にする原稿を纏めていることである。私はグループ11人の事務局を曲がりなりにも担当している。

 昨年の9月から本格的に活動しており、今年の9月には、百話の原稿を完成したいと推進中である。

そこで話のテーマ例は次の内容である。

@ 小平さんと野球

A高尾さんと日立の桜

B倉田さんと五本の煙突

C児玉さんのT型定規論

D兎平供給所

E一万人の大運動会

F日立消防隊


G学徒の殉難碑

H打ち込め魂仕事の上に


I小平会館落成

J小平台の歴史

K技能五輪など。

 

 まだまだ、ここ数ヶ月は調査や現地確認、原稿や写真を纏める仕事が続く。
そして、20103月には本の完成、発行、配布を予定している。
どんな本ができるか多少の不安もあるが、「仲間の積極的な姿勢と文筆力」を信じている。