日工専同窓会シニア支部行事報告
 

527()新緑の小木津山自然公園・羽黒山のハイキングを
実施しましたので、報告いたします。

参加人員は10名です。JR小木津駅に集合(午前910)出発し、
探索道入口で準備体操、記念写真を撮る。
小木津山自然公園の北展望台にて、白波たつ太平洋の青海を
眺める。当日は快晴で、遠くに海洋航路の船も見渡せた。
羽黒山の呼び名論議で、「はぐろさん」なのか、
「はねぐろさん」なのか。登山道は、平坦なるも、
たまには急峻な登リ降りがあり、シニアハイカーには、
適当な運動量であったようだ。
まもなく羽黒山へ
(1140)、女性二人のハイカーに出会い、
記念写真のシャッターを押してもらう。
昼食後、鞍掛山エリヤーまで下山
(14)
「ホリゾンかみね」前にて解散
その後希望者にて入浴を楽しむ。
この施設は隣接のゴミ焼却場の廃熱を利用した入浴施設で
料金も格安で日立市民の憩いの場となっている。

さて「羽黒山」の正しい呼び方ですが、高橋克夫さんから、
次のメールをいただいていますので、そのまま掲載します。

「今日は楽しくハイキングが出来ました。有難うございました。
帰りに、日立郷土博物館に寄って「羽黒山」について館員に
聞いてきました。

「羽黒山」を「はねくろやま」or「はねぐろやま」と呼ぶのが
正しいのだそうです。

因みに、「寛永時代に出羽三山信仰が広がり、入四間の
大室山(羽黒山)、月山、お岩山(湯殿山)が水戸藩領内の
出羽三山として信仰の対象となっていた」と聞きました。

近じか三山を歩いてみようかと思っているところです。
ルートなどの資料も貰ってきました。

追記:「風神山」は「風の神」と地元では読んでいるのだ
そうです。「山」は付けないのだそうです。
いつの間にか「山」が付けられたので
「風神山 ふうじんやま」と呼ばれるようになった、
と聞きました。」

尚 詳細の行程は次の通りとなっています。
皆様のご協力ありがとう御座いました。

9時10分 小木津駅出発→9時25分;小木津公園入口
 準備体操 記念写真 北展望台経由
→10時40分; 林道出会い

   →11時40分 羽黒山頂上到着 記念写真 昼飯 
→12時20分 下山開始
→13時30分 鞍掛山入口到着 記念写真
(解散)
→14時00分 ホリゾン神峰入口 入浴
15時30分 出発 →15時44分 JR日立出発
 各自帰路
今回、荒木浩二さんは今回25000分の1の地図を
持参して現在地を特定しながら歩いていたが、
流石に,なうての登山家だなと感心しました。

来年の近郊ハイキングはどこになるか、今から楽しみです。

以上
(文責 鈴木正夫/追記;山出毅)