5月24日(木)五月晴れの好日に、
健康つくりと親睦を目的のハイキングを実施しました。

参加者は石原支部長以下10名です。
   今日のハイキングの目的地は
       日立市十王町郊外にある
              標高658mの
竪破山(たつわれやま)です。

水戸光圀公も訪れたといわれます。
昔、八幡太郎義家が奥洲遠征の時の立ち寄り太刀で巨岩を
切ったといわれる太刀割石など神秘的な巨岩が
登山道の両側に在りました。
頂上からは、高鈴山・神峰山の日立アルプスが一望され
往復3時間のハイキングを満喫しました。
下山して鵜来々の湯で一汗流し解散しました。
来年も近郊の山歩き(駅から駅までだれでも参加できる)
企画をします。


日立市;竪破山ハイキング実施報告

                       担当;鈴木 正夫